ムートン(メンテナンス・リフォーム)

体の真下に敷くパッド。

 

寝ている間にかく汗を吸って快適な睡眠に直結する重要なアイテム。

 

当店でもbillerbeck羊毛パッド(ウール)や脱脂綿パッド(コットン)や本麻敷パッド(リネン)などをオススメしていますが、

 

そのウールの種類でも最高峰に位置するのがムートンです。

 

今回はそのムートンの手入れ、メンテナンスについてです。

 

まずは下の2枚の比較画像をご覧ください。過去当店でムートンのクリーニング(メンテナンス)を承った事例です。

 

一般的なクリーニング店では絶対にできない技術です。

 

その理由は

 

「洗う」だけでなく「毛をさばく」からです

 

そしてそれは国内でも限られたムートン専門のメンテナンス工場でしかできません。

 

大手販売メーカー(西川など)のメンテナンス、製造も請け負っている工場と当店は提携しています。

 

特殊な設備と皮革の知識を求められるムートンのメンテナンスは一般的なクリーニング店では十分なメンテナンスをできません。

 

ムートンは「職人」が施す 適切なメンテナンスをする事で羊毛1本1本を起毛させて、本来の肌触りを取り戻します。 

 

①洗浄だけでは体圧で潰れたムートンはよみがえりません。

 

②特殊な設備で加工すると1本1本が起毛され肌触りを取戻します。

 

③表層に出た無駄な毛をカットしてシーツ表面の風合いを取戻します。 

この特殊な機械、大きなブラシのロールのような機械に入れてさばきます。

 

そして、長年使用した毛と毛の間には凄まじい量のホコリが溜まっています。

 

保温性や調湿性にはある程度の空間が必要です。

 

メンテナンスしないと本来行うはずの毛の呼吸を妨げてしまいます。

機械が吸い込んだ大量のホコリ。(さすがに1枚で取れた量ではないですけど)

 

もちろんサイズの変更や皮の劣化によって取れてしまった毛の修繕(皮の一部補修)もお任せください!

 

金額もまずは診断して、さばくだけ、さばき+クリーニングなど大きく変動するので、

 

お気軽にスタッフまでお声かけください!

≪前の記事を読む タイトル一覧 次の記事を読む≫

 

ふとん・介護用品のことなら勝川駅前のイトウふとん店へ♪


 

 

 

 

ふとん製造・レンタルふとん・介護用品のことならイトウふとん店へ♪

ホームページはコチラ

 

 

 

 

本当のウールの心地良さが体感できます。ドイツの老舗メーカーbillerbeckをご紹介!

 

 

 

 

ヒュスラー・ネストは「天然素材×人間工学」で理想の眠りと寝心地をお届けします。


 

 

 

あなたの体型に合わせたオーダーメイドまくらが、上質な眠りをサポートします。